ユリのページへようこそ

花言葉:ヤマユリ・荘厳、オニユリ・富みと誇り、テッポウユリ・純潔、貞操

色彩豊かに競演して咲く花
清楚なたたずまいが美しい


山形県
どんでん平ゆり園.jpeg
6月上旬~7月下旬まで7ha東京ドーム約4個分以上の広大な敷地のゆり園に咲き誇る
LinkIconどんでん平ゆり園

宮城県
南くりこま高原一迫ゆり園.jpg
6月下旬〜7月下旬までユリ約200品種15万球、ヘメロカリス約50品種2万株、ハーブ約80品種が咲くLinkIcon南くりこま高原一迫ゆり園

長野県
富士見高原 ゆりの里.jpg
7月上旬〜8月中旬まで30種類以上500万本のユリが植えられ夏には花が咲き乱れる
LinkIcon富士見高原 ゆりの里

岐阜県
谷汲ゆり園.jpg
6月〜7月中旬まで50種、30万球以上のユリが植えられている
LinkIcon谷汲ゆり園

兵庫県
玉水ゆり園.jpg
6月上旬~7月上旬まで約80品種10万本が植えられ、関西きってのゆり園として知られる
LinkIcon玉水ゆり園

鳥取県
とっとり花回廊.jpg
5月上旬~8月下旬まで約20種、総合計9万球のゆりが順次開花する
LinkIconとっとり花回廊


ユリ図鑑

 名前の由来は、細い茎に大きな花を付け風に揺られている形態から『ユル』が鈍ってものと言われている説や、鱗茎の鱗片が『ヨリ』重なりあっている形態が鈍ってユリと呼ばれるようになった説もある。また、ユリの花を意味するラテン語のLilium(リリウム)は、ケルト語の白い花と言う言葉から由来し、ヨーロッパ原産の白ユリ(マドンナリリー)を指しているとされる。
 園芸種には珍しくユリの多くは、野性種がそのまま鑑賞用に用いられているが、これは改良を加えることをしなくても、山野に自生しているユリが鑑賞価値が十分にあるからだといえると同時に、栽培が比較的に難しくかったことも伺える。野山に自生しているユリの自然開花時期は6月中旬から7月とされている。ヤマユリの地下茎は食用にもなる。