太宰府天満宮(福岡県・太宰府市)
(だざいふてんまんぐう)

学問の神菅原道真を祭神として祀る天満宮の一つで天満宮の総本社。道真が学問に秀でていたことから学問の神様として崇敬を集め、今も大勢の受験生が参拝する。境内には、道真がこの地に左遷された時、京都からしたって飛んできたとされる伝説の梅の古木「飛梅(とびうめ)」があるほか、196種、約6000本のウメが期間をおいて咲き誇る。ウメの名所としても知られるだけあり、太宰府天満宮での御神酒は梅酒。参道には梅ヶ枝餅と呼ばれる餡入りの焼き餅を販売している店が並ぶ。また、毎年、ウメの花が咲く頃には巫女が「梅の使節」として各地を訪れて梅の盆栽を寄贈もしている。


.

●2017年イベント情報

●開花時期:2月上旬~3月上旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1

●HP:LinkIcon太宰府天満宮HPへ

●TEL:092-922-8225(太宰府天満宮)

●料金:無料

●定休日:無し

●営業時間: 6時30分~19時

●アクセス:西鉄「太宰府駅」から徒歩5分程度です。

●車:九州自動車道
「太宰府I.C」から約6Km(約15分)
「筑紫野I.C」から約5Km(約20分)

●駐車場:太宰府駐車センター  500円
駐車可能時間:8時00分~17時00分




日本最大の花のデータベース

D8DD78E9A817B89e83u838983V-1.jpg

Season

2月が見ごろのスポット

sign.jpg
sign-2036.jpg
winter.jpg

日本の四季を楽しもう

0012.png