田浦梅の里(神奈川県・横須賀市)
(たうらうめのさと)

「かながわ花の名所100選」にも選ばれているウメの名所のひとつ。昭和9年(1934年)皇太子殿下(現在の天皇陛下)の生誕を記念し、山の所有者である石川金蔵氏が中心になり、地元の人たちと梅林組合がつくられ、700本のウメを植樹したことからスタート。今では、約6,000平方mの敷地内に品種として「青軸」、「白加賀」の白梅、「養老」の紅梅など約2,000本以上のウメが咲きほこる。2月初旬から3月初旬まで、「田浦梅林まつり」も開催される。また、園内には地形を生かしたアスレチック広場、芝生広場、眺望が素晴らしい展望台もあり家族で楽しむことができる場所になっている。ウメだけでなく、12月から3月にはスイセン、5月頃にツツジと季節の花も満喫することができる。ただし、麓から梅林がある山頂までは徒歩で行き急勾配で、階段が300段ぐらいあるので歩きやすい靴で出かけるほうがよい。


.

●2017年イベント情報

●開花時期:2月~〜3月中旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:神奈川県横須賀市田浦泉町

●HP:LinkIcon田浦梅の里HPへ

●TEL:046-861-5945(管理事務所)

●料金:無料

●定休日:無し

●営業時間:随時

●アクセス:京急「田浦駅」下車し「船越」バス亭から「安浦2丁目行き」
または「JR田浦駅行き」バス5分「田浦郵便局」下車、そこから徒歩約20分

●車:車での来場は不可

●駐車場:無し