国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県・滑川町)
 (こくえいむさしきゅうりょうしんりんこうえん)

明治百年記念事業の一環として造られた国営武蔵丘陵森林公園は、日本初の国営公園で「森林公園」と呼ばれて親しまれている。南口エリアにある花木園の梅林では、120品種約600本のウメが2月下旬~3月上旬まで中咲き品種から遅咲き品種へと順次開花し、咲き続ける。梅林の足元には約15,000株のフクジュソウも咲き、さらにナノハナ、スイセンなど早春の便りを見ることができる場所でもある。もちろん、ウメ以外にも他の季節にはサクラ、ポピー、オニバス、コキア、サルスベリ、コスモスなどの花で溢れ、花フェスタなどのイベントも開催される。チョウ、トンボなどの生物にも数多く出会うことができる場所でもある。ちなみに、園内は東京ドーム約65個分の広さがあり、日本一大きなエアートランポリンのぽんぽこマウンテンやアスレチックコースなどもあり家族で体を思いっきり動かして遊べる遊具などもあり、子様連れでも十分楽しむことができる施設である。


.

●2017年イベント情報

●開花時期:2月下旬~3月上旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:埼玉県滑川町山田1920 国営武蔵丘陵森林

●HP:LinkIcon国営武蔵丘陵森林公園HPへ

●TEL:0493-57-2111(管理センター)

●料金:大人 410円、シルバー(65歳以上) 210円 、2小人(小・中学生) 80円

●定休日:1月の第3、第4月曜日、年末年始(12月31日、1月1日)

●営業時間:
9時30分~17時 (3月1日~10月31日)
9時30分~16時30分 (11月1日~11月30日)
9時30分~16時 (12月1日~2月末日)

●アクセス:東武東上線「森林公園駅」北口からバスで、森林公園南口行で終点下車。または熊谷駅南口行または立正大学行 「滑川中学校」で下車し徒歩約5分 で南口。「森林公園西口」下車で西口。駅から徒歩の場合は南口まで約3㎞

●車:関越自動車道「東松山I.C.」から熊谷方面へ約10分

●駐車場:620円 (南口543台/ 中央口261台/西口579台/北口260台)