成田山公園(千葉県・成田市)
(なりたやまこうえん)

成田山公園は、成田山新勝寺大本堂の奥に広がる風光明美な場所。2月中旬~3月中旬には樹齢50年を超える約500本の紅梅や白梅を楽しむことができる。大本堂に向かって右側、公園入口周辺のウメと天神様の両脇の紅白のウメの木は、公園内でも比較的早い時期に開花する。また、文殊の池に近い梅林周辺は、公園内でも冷え込みが厳しいので開花は例年2月下旬から3月とやや遅い。シーズンには成田の梅まつりがウメの開花時期に合わせて約2週間開催されるので合わせて楽しみたい。また、園内にはウメだけでなく、ロウバイ数多くあり、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイワロウバイなどの品種に触れることができる。ちなみに、広大な公園は、“仏教の生きとし生けるものすへての生命を尊ぶ”という仏教思想が組み入れられ、不殺生を表す尊い生命をはぐくむ場にもなっている。園内各所には松尾芭蕉、高浜虚子など著名な文人たちの句碑もある。




.

●2017年イベント情報

●開花時期:2月下旬~3月

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:千葉県成田市成田1 成田山新勝寺

●HP:LinkIcon成田山公園HPへ

●TEL:0476-22-2111

●料金:無料

●定休日:無し

●営業時間:随時

●アクセス:京成電鉄「京成成田駅」、JR成田線「 成田駅」より徒歩10分

●車:
東関東自動車道「成田IC」から、国道295号線へ出て「寺台IC」からすぐ
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)大栄JCTより東関東自動車道に乗り継ぎ「成田IC」からすぐ

●駐車場:300台(800円)