関東地方のウメの名所へようこそ


kannto.jpg

古くから日本人に愛され続ける花
春の到来を告げる香りに誘われる

花言葉:高潔・忠実


図鑑で知るウメ

原産地の中国では梅と書いて、メイと発音し、日本に梅が伝わった頃は「鳥梅」とか「宇梅」と二文字で書いて「ウメ」と読み、これがムメイに変化し、江戸時代や明治時代には「ムメ」と呼ばれ、学名のmume」はこの話に由来するとされている。

87137.jpg



 野生系の梅は品種により、2月下旬に開花し紅色の花をつける「寒紅梅(カンコウバイ)」や、1株で白と紅の花を咲き分ける「思いのまま」や冬至の頃に開花すことで知られる「八重冬至(ヤエトウジ)」や花弁が小さく淡黄色から「黄梅(オウバイ)」と呼ばれるものや、大輪の花を咲かせる「道知辺(ミチシルベ)」などがある。その他にも、「座論(ザロン)はひとつの花から多くの果実をつける。小低木で小枝は緑色。葉は卵形で、葉先は鋭い。開花は品種によって異なるが、2月から3月が開花時期になる。