阿玉台貝塚梅林(千葉県・香取市)
(あたまだいかいづかばいりん)

小見川南小学校に隣接する阿玉台貝塚は、地元の「阿玉台史跡保存会」の手で植栽され、今では40品種、約1000本のウメが見られ、毎年2月~3月上旬頃まで見事な紅白の花が咲かせる。木敷道やウッドチップで整備されているので気軽に楽しめ、観梅の時期には市民の憩いの場になっている。周辺にある散策ルートを歩けば、貝塚や石碑などを見ることができる。ちなみに、阿玉台貝塚は縄文時代中期の貝塚で1894年に発見された。以後の発掘調査で口縁部に独特の装飾がある胎土に雲母を含む土器が見つかり「阿玉台式土器」呼ばれるようになった。もちろん多くの土器だけでなく、石器、貝輪なども出土し学術上価値が高く、1968年(昭和43年)に国の史跡に指定された場所である。


.

●2017年イベント情報

●開花時期:2月初旬~3月中旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:千葉県香取市阿玉台

●HP:LinkIcon香取市HPへ

●TEL:0478-50-1212(香取市商工観光課)

●料金:無料

●定休日:無し

●営業時間:随時

●アクセス:JR成田線「小見川駅」から千葉交通バス「茶畑」下車、徒歩約40分

●車:東関東道「佐原香取IC」から県道265号経由30分

●駐車場:4台(無料)