国営昭和記念公園(東京都・立川市)
(こくえいしょうわきねんこうえん)

 昭和天皇の在位50年を記念して開設された立川市と昭島市とに跨る国営公園。四季折々の花や木々が咲き誇り、サイクリングやスポーツも楽しむことができる。春には2004年に始まったチューリップの本場、オランダのキューケンホフ公園の元園長ヘンクN.T.コスター氏の監修による都内最大の106種のチューリップが人気だ。年々、人気を呼び、その光景は、都内とは思えないほどの美しい水辺の風景を魅せている。場所は2ヵ所で「こどもの森」には約5万株、水辺に広がる「渓流広場」の青い芝生の中には約13万株が植えられ、色鮮やかなチューリップが一面に咲き誇る姿は、オランダの公園のような雰囲気だ。

●2016イベント:
フラワーフェスティバル
3月17日(木)~5月22日(日)
週末を中心に大人から子供まで楽しめるイベントが盛りだくさん。
4月29日には毎年恒例の「緑のフィールドコンサート」を開催。
5月下旬には花の丘でシャーレーポピーの花摘み体験も行います。
その他、植物に関するガイドツアーや体験教室なども。

●開花時期:4月上旬〜下旬

●住所:東京都立川市緑町3173

●休園日:年末年始、2月第4月曜とその翌日

●HP:LinkIcon国営昭和記念公園

●地図:

●TEL:0425・28・1751(昭和管理センター)

●料金:大人410円、小中学生80円、シルバー(65歳以上)210円
レンタサイクル
大人(15歳以上)
3時間…410円(超過30分ごとに70円)
小人(小・中学生)
3時間…250円(超過30分ごとに30円)

●営業時間:9時半~17時(3/1~10/31)、9時半~16時半(11/1~翌2月末)

●アクセス:JR青梅線「西立川駅」から徒歩2分(西立川口)
JR中央線「立川駅」から徒歩10分(あけぼの口)

●車:中央自動車道「国立府中IC」から国道20号経由で約8㎞

●駐車場:普通車820円
1,755台 (立川口)
345台 (西立川口)
431台(砂川口)

06_haru_turip09s.gif
02.jpg1647123.jpg5512756.jpg7032986.jpg

ページの先頭へ