ヒマワリの名所へようこそ

180199.png


ぬけるように青空の下で輝き
真夏の太陽に向かい咲き誇る

花言葉:豊香・あなたを見つめる、愛情




全国のおすすめのヒマワリの名所

北海道

北竜町.jpg
7月下旬~8月上旬には23haに約130万本の黄色のヒマワリが咲き誇る

北海道

大空町.jpg
7月中旬~8月上旬には女満別空港周辺の畑には広大なひまわり畑が誕生する

宮城県

宮城ひまわりの丘.jpg
7月下旬~8月中旬には6ヘクタールで42万本が咲き、国内有数の規模

栃木県

野木町ひまわり.jpg
7月中旬~8月上旬には約18万本のヒマワリが花を咲かせ夏を飾る

千葉県

成田ゆめ牧場.jpg
7月下旬~8月中旬には約7万5千本が開花する

神奈川県

座間市ひまわり.jpg
7月下旬~8月下旬には3ヶ所合計55万本が咲く

山梨県

花の都公園.jpg
8月上旬から下旬から25万本のヒマワリが咲き誇る

山梨県

北杜市明野サンフラワーフェス.jpg
7月下旬~8月下旬には60万本というヒマワリ畑が誕生する

新潟県

津南町ひまわり広場.jpg
7月上旬~8月上旬には3つの花畑合わせて4ha、50万本のヒマワリが咲く

大阪府

万博公園のヒマワリ.jpg
7月下旬~8月下旬には23種約1万株のヒマワリが園内に咲き誇る

兵庫県

佐用町南光ひまわり祭り.jpg
7月中旬から8月上旬には宝蔵寺地区では5ha約25万本が咲さく

広島県

世羅高原農場.jpg
8月上旬から下旬まで30種類100万本のヒマワリが咲き誇る





ひまわり図鑑

漢字では「向日葵」。英名では「サンフラワー」と呼ばれるこの植物は、フランス王ルイ14世の紋章にもされ太陽の象徴でもある。また、鑑賞用だけではなく、果実(種)を炒って食べたり、食用油を取ることも知られている。
3975668.jpg

一年草で植物全体に短い剛毛で覆われ、茎は通常高さ1メートルから3.5メートルになる。花は8月から11月にかけて開花し、茎の先端または、枝の先端に花を付ける。
 ヨーロッパで改良された食用に使われるヒマワリは高さ4メートル以上。花の直径は60センチ以上になるものもある。栽培のポイントは、日当たりの良い肥沃な土壌を選んで4月に種をまけば良く水やりは土が乾燥しない程度。最近、日本では園芸用品種になり小型のヒマワリの鉢植えなども売られている。また、太陽の方向に首を振ると言われるが、つぼみが開く直前までは、種類によってはつぼみと葉は常に太陽の方向を追う。だが、花が開いた後は東を向いて動きが止まってしまう。