水仙の丘(兵庫県・淡路市)

3月中旬~4月上旬になると、県立淡路文化会館近くにあるいざなぎの丘は、黄色のラッパスイセンが10万球咲き誇り、広さ40アールの黄色いパノラマが出現する。その始まりは、農業を営む井上氏が14年前に約7千球のスイセン球根をひとりで植えたことに始まる。淡路の春を感じる場所として、無料で公開されている。斜面を埋め尽くし風に揺れるたびに周囲はスイセンの甘い香りに包まれる。カメラなどを持って散策するのもいいだろう。また、おへんろさんのコースのひとつにもなっているので装束を身に付けた人とすれ違うこともできる。近くには、淡路市立香りの公園があるのでランチなどをするのに立ち寄るのもよいだろう。




●イベント情報:

●開花期間:3月中旬~4月上旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:兵庫県淡路市多賀396-9

●HP:LinkIcon水仙の丘HPへ

●TEL:0799-85-1406(水仙の丘)

●料金:無料

●定休日: 無し

●営業時間:随時

●アクセス:JR神戸線「舞子駅」下車。「高速舞子」から神姫バス「洲本高速バスセンター行き」で40分、「志筑」で下車。淡路交通バス「岩屋・西浦行き」に乗り換え20分、「伊弉諾神宮前」で下車。淡路香りの公園・県立淡路文化会館方面へ徒歩5分

●車:神戸淡路鳴門自動車道「津名一宮IC」から5分

●駐車場:11台(無料)※駐車場はスイセンの時期のみ特設される。