六島(岡山県・笠岡市)
(むしま)

六島水仙ツアーが恒例のイベントになるほどスイセンが有名。開花時期に、島を訪れるとその香りに魅了される。毎年少しずつではあるが、開花時期が早まっているので満開のスイセンに出会いたいなら事前に問い合わせをして出かけるほうが無難。ちなみに、笠岡市六島(むしま)は、岡山県最南端にあり、灯台と島に自生するスイセンがシンボルになっている。約10年前から自生していたスイセンに加え、住民らの手で植栽も始まったことで島のいたるところでスイセンと出会うことができるようになった。島一番の見どころは、東~南側の斜面でここには約10万球のスイセンがある。灯台の近くからは瀬戸内(香川・愛媛・広島)の島々も晴れた日にはよく見渡すことができる。また、横溝正史原作「獄門島」の舞台になった場所としても知られている。




●イベント情報:
水仙の見頃には日帰りの水仙ツアーが開催されます。
①2017年1月15日(日)締切1月13日(金)
②2017年1月22日(日)締切1月20日(金)
両日とも、10時~16時
1人5,000円
(小学生以下1人3,000円)
(株)井笠観光☎0120-231-805

●開花期間:1月下旬~2月下旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:岡山県笠岡市六島

●HP:LinkIcon六島HPへ

●TEL:0865-69-2147(笠岡市観光連盟)

●料金:無料

●定休日: 無し

●営業時間:随時

●アクセス:JR山陽本線「笠岡駅」より三洋汽船笠岡港住吉乗り場(定期船)へ「六島行き」で約60分。 六島「前浦港」から徒歩5分(水仙の小道)

●車:山陽自動車道「笠岡IC」から県道34号線で「笠岡市内」方面へ。三洋汽船笠岡港住吉乗り場から定期船。約10分

●駐車場:無し