神鍋山すいせん畑(兵庫県・豊岡市)
(かんなべやま)

神鍋山(かんなべやま)南斜面、アップかんなべ中央ゲレンデは雪の下ではスイセンの新芽が芽吹き、雪解けを待って青葉が茂り4月下旬頃にはそこに約7万球のすいせんの畑は出現する。ちなみに、この畑の始まりは神鍋高原を春の名所にするために計画された「神鍋に水仙を植えよう運動*4年計画」なのだとか。毎年4月下旬の日曜日には「神鍋すいせんまつり」も開催され満開のスイセンの中で、ゆっくり過ごすことができる。まつりの日にはスイセンのプレゼントイベントなどもあり甘い香りを持ち帰ることもできるほか、近くの道の駅「神鍋高原」では。たけのこごはんや春キャベツの天ぷら、あさりのパスタなどが揃う「春野菜のランチバイキング」や牛すじうどん、黒豆ごはんなどの屋台や「消しゴムハンコで水仙畑を作ろう!」などが開催される。




●イベント情報:

●開花期間:4月中旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:兵庫県豊岡市日高町栗栖野58-78(神鍋山岩倉ゲレンデ内)

●HP:LinkIcon日高神鍋観光協会HPへ

●TEL:0796-45-0800(日高神鍋観光協会)

●料金:無料

●定休日: 無し

●営業時間:随時

●アクセス:JR山陰本線「江原駅」から全但バス「神鍋高原行」で25~35分。「神鍋温泉ゆとろぎ前」で下車すぐ

●車:北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山IC」出口右折。国道312号線を経由し「日高」から国道482号線へ。約40分。「道の駅 神鍋高原」からすぐ

●駐車場:無料