上川河川敷(長野県・諏訪市)
(かみがわかせんじき)

4月中旬~下旬にかけて見頃となるのが、諏訪市上川沿い(四賀赤沼)に見られるスイセン約の群生である。その年の気候によっては、上川の土手にサクラとのコラボレーションを楽しむことができる。今では、約25万球のスイセンの名所となっているが、その始まりは、約15年前にひとりの農家の人がコツコツとスイセンを植え始めたこと。河川敷に咲き誇るスイセンはまるで黄色の香る壮大な絨毯を感じさせるほど圧巻である。また、この河川敷はスイセンだけではなく秋には、地元の人が、種を蒔いて育てているコスモスの群れも楽しむことができる。さらに冬になると多くのハクチョウが飛来してくる場所としても知られている。年間を通じてシャッターチャンスが溢れているのでカメラを持って出かけたい場所である。




●イベント情報:

●開花期間:4月中旬~下旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花情報

●住所:長野県諏訪市四賀赤沼(上川河川敷)

●HP:LinkIcon諏訪市観光協会HPへ

●TEL:0266-52-4141 (都市計画課公園緑地係)

●料金:無料

●定休日: 無し

●営業時間:随時

●アクセス:JR中央本線「上諏訪駅」からタクシーで15分

●車:中央自動車道「諏訪IC」から国道20号線および県道487号線経由で
「四賀赤沼交差点」を右折すぐ、車橋周辺。約5分

●駐車場:無し