錦帯橋(きんたいきょう)
(山口県・岩国市)

5連のアーチからなる木造のこの橋は、江戸時代より日光の神橋、甲斐の猿橋と並び日本三名橋と呼ばれ、また日本三大奇橋にも数えられいる。1673年(延宝元年)に5連のアーチ橋の錦帯橋が完成したが翌年の1674年(延宝2年)、洪水によって流失。同年10月末に二代目錦帯橋が完成。それから276年後、昭和25年9月に岩国地方を襲った台風によって2度目の流出したが、橋脚に近代工法を取り入れるなどして直ちに再建工事に着手し、三代目錦帯橋は昭和28年に完成した。春には土手沿いのソメイヨシノなど約3000本が咲き、ぼんぼりの灯りに照らされて淡いピンク色が艶やかな眺めをつくる。また、橋の向こうには、吉川藩主歴代の居館跡を公園として開放した吉香(きっこう)公園がある。園内には武家屋敷や堀割が残り、吉香神社や錦雲閣、香川家長屋門、徴古館、吉川史料館、岩国美術館などもある。

●2014イベント情報:
ライトアップは3月下旬〜8月末まで錦帯橋及び周辺に、
約300基のぼんぼりを点灯、橋のライトアップが行われる。

●開花時期:3月下旬~4月上旬
LinkIcon開花予想ページへ

●桜の本数:約3,000本

●住所:山口県岩国市横山2 

●HP:岩国市観光協会HPへ

●宿: 錦帯橋周辺の宿

●地図:

●TEL:0827-41-1477(岩国市観光課)

●料金:大人300円 小人150円
料金所に人がいない時間は、夜間料金箱に料金を入れてお渡りください。ライトアップは毎日22時まで。

●定休日:無休

●営業時間:8:00~17:00(夏季19:00)

●アクセス:JR岩国駅からバス約20分「錦帯橋」下車徒歩約1分
JR山陽新幹線新岩国駅からバス約15分「錦帯橋」下車徒歩約1分

●車:山陽道岩国ICから約10分

●駐車場:約1000台(1日200円)

1.jpg
1.jpg
20  錦帯橋.JPG橋は1年中ライトアップされている

ページの先頭へ