恋活応援サイト【恋シェリ】

PCMAXで失敗した!出会った男性に驚愕した体験談

私は化粧品の販売のスタッフとして働いています。私が勤めている会社はほとんど女性しかおらず、男性と出会う機会はほとんどありません。

 

雀の涙ほどしかいない男性職員と恋愛をするとなると、周りからの厳しい視線が気になり、関係を続けるのが難しいのは目に見えています。実際に、私の友人は数少ない男性職員と恋愛関係になりましたが、会社の目が厳しくなってあっという間に破局せざるを得なくなっていました。

 

私も当時20代半ばで、一番彼氏が欲しい時期でした。その時期に出会いのきっかけがないとなると絶望しかありません。何とかして今の状況でも出会いのきっかけを作ることができる方法はないか探したところ、行き着いたのがPCMAXという出会い系アプリでした。

 

アプリであれば周りの視線を気にすることなく、好きなように恋愛をすることができるはずという気持ちでこのアプリを始めました。登録して面倒なことが起こる悪徳サイトではないというレビューも見ましたし、簡単にすぐに出会うことができるという口コミがあったこともこのアプリに決めたきっかけです。

 

 

PC版と併用することでより便利に利用できると聞いたので、私はスマートフォン版とPC版の2つのバージョンを使いました。個人情報の登録を済ませて、さっそく利用し始めました。

 

個人情報といってもこのアプリの特徴は匿名性があるという事で、実際に相手側に自分の個人情報が筒抜けになってしまう事はありません。個人情報を守るという意味では安心なのではないかと思います。

 

アプリの利用を始めてから3日後、ついに好みの男性を見つけることに成功しました。メールでのやり取りは毎日行い、とても楽しい日々が続きました。なんといっても、相手は私と同じ20代半ばの男性で話はよく合いますし、会話も弾みます。そして、メールでのやり取りを始めて数週間が経ったころ、私は勇気を出して電話番号とLINE IDの交換をするようお願いしました。

 

すると、快くOKしてくれました。その日から男性とのやり取りは電話が中心になりました。男性の声はかなり若々しく、たまに自撮りの写真を送ってきてくれるのですが、これもまたイケメンで格好良かったです。

 

私にはもうこの男性以外考えられないと心に決め、電話でのやり取りを始めてから数日経った時に実際に会ってみようという話をしました。男性はなぜかとても嫌そうにしていましたが、必死の説得で何とか日程を合わせて会う事にしました。

 

そして、約束をした日に男性は待ち合わせ場所の東京に現れました。ところが、その男性の姿に私は驚愕しました。何とそこにいたのはイケメンで格好いい男性ではなく、40代を過ぎたくらいの禿げている太った男性でした。

「本当に会話をしていた男性ですか?」という疑問に対して答えた声から、私は今まで楽しく会話してきた男性が目の前の男性であると確信しました。

 

確かに声は電話をしていた男性のものだったからです。私は泣きながら全力で走ってその場を離れました。途中まで男性は追っかけてきましたが、私はもともと陸上部だったので男性よりも速く、そして持久力もあったので何とか逃げ切ることができました。

 

匿名性のあるアプリという事でこういったことが起きてもおかしくないのは重々承知していましたが、まさか自分が引っかかるとは思ってもいませんでした。

 

せっかく関係を上手に築けるように努力してきたのに、一瞬でそれが崩れ去ってしまったと考えるとなかなかショックが大きかったです。

 

しかし、犯罪に巻き込まれなかっただけでも運がよかったと思って、立ち直りました。匿名性があると自分の情報が漏れない分、相手の情報も事実であるか一切わかりません。

 

本気で出会いを求めているならば、フェイスブックの連携があるなどといった相手の情報がしっかりわかるようなサイトに登録するべきだと強く思いました。

 

匿名性があるサイトはあくまで遊びの恋愛でも良いという方が利用すればいいと思います。本気の恋愛をしたいのであれば、身元の確認がしっかりしているサイトに登録するべきでしょう。私はこのような目に遭ったので、今後一切出会い系アプリを利用することはないと思います。本当にショックでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です