ニッコウキスゲの名所へようこそ

花言葉:日々あらたに、心安らぐ人

夏山の湿原や高原を彩るユリ科の花
群生する黄色の絨毯のように美しい


雄国沼.jpg6月末から7月初めには沼の南の湿原地帯でニッコウキスゲの大群落が咲き誇る
LinkIcon雄国沼(福島県 )

尾瀬.jpeg7月中旬から下旬、尾瀬ヶ原、大江湿原、尾瀬沼周辺で夏を彩る美しい群落を魅せる。
LinkIcon尾瀬(群馬県)

野反湖.jpg6月下旬~7月上旬には地元の名前のノゾリ(野反)キスゲの名で親しまれている。
LinkIcon野反湖(群馬県)

ph_01.jpg6月下旬から7月下旬の開花期には、ニッコウキスゲの大群生が彩る。
LinkIcon世界谷地原生花園 (宮城県)

霧降高原.jpg6月下旬から7月下旬の開花期には、山全体を黄色に染めあげ約26万株が群生。
LinkIcon霧降高原(栃木県)

霧ヶ峰高原2.jpg7月上旬~下旬には高原を黄色一色に染め上げ、ニッコウキスゲの名所として有名。
LinkIcon霧ヶ峰高原(長野県)

ニッコウキスゲ(日光黄菅)は、ゼンテイカ(禅庭花)と呼ばれユリ科の多年草の別名。花茎は高さ80センチぐらいになり、葉から抜きでて開花することで知られている植物。ゼンテイカ群に入り、この群の特徴は花は花茎の先端に、かたまって咲き朝から夕方まで咲き続ける昼咲きで、色は橙黄色で香りは少ない。花期は6月上旬から8月上旬。草原、湿原を代表する花で、東北地方や北海道では海岸近くでも見られる。花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ているため、栃木県、日光の地名を付けてニッコウキスゲと呼ばれ、全国に広まった。 ただし、日光地方の固有種というわけではなく、ゼンテイカは日本各地に普通に分布している。   

7496945.jpg

01.jpg

ニッコウキスゲの名所