東京の夜桜ライトアップページにようこそ

今宵は東京の夜桜を楽しもう

千鳥ヶ渕0.jpg東京の桜は、京都の桜の名所と違ってお寺の庭園の桜の名所が、ほとんどない。しいていえば、浅草の伝法院庭園ぐらい。上野公園は昔は寛永寺の敷地だったが、現在は寛永寺の墓地に桜が点在するだけ。その変わりにあるのが大名屋敷庭園。これが桜の名所で浜離宮恩賜庭園や六義園、千鳥ヶ淵や北の丸公園がその流れを汲む公園。その中で夜桜のライトアップで、一番美しいのが千鳥ヶ淵で隣りの北の丸公園を含んだ景観。桜の樹木の大きさや見事な枝振りと花の付け方は、まさに群を抜く見事さだ。また、都心でもあり、交通の便の良さや大手町からも近いこともあり、都内では代表的な桜の名所で、夜桜の美しさは幽玄の世界。枝垂桜の夜桜の名所としては六義園の高さ約15m、幅は約20mに及び見た目には1本桜に見えるが、実際には3本を寄せて植えたものだがライトアップされた姿は、まさに息をのむほどに美しい。夜桜は楽しめないが小石川後楽園も美しい枝垂桜がある。さて、都内なら夜桜の名所なら上野公園を一番に上げる人が多いが、ここは日本三大夜桜の名所として青森県の弘前公園、新潟県の高田公園と合わせて知られるが、この日本三大夜桜は、人出の多さでの名所。だから美しいとは別の話だ。上野恩師公園は飲酒も許可された夜桜の宴会スポットで、まさに込み合う。ここで夜桜を愛でるなら不忍池がお勧め。池を2分する歩道があり、ボンボリの灯りでのそぞろ歩きが楽しめる。気軽に食事や飲んだりしての夜桜歩きを楽しむなら六本木界隈がいい。東京ミッドタウンの桜、六本木ヒルズの桜に、六本木アークヒルズの桜坂と、それなりの都会ならではの夜桜が楽しめる。夜桜の散策で長い距離なのが墨田公園の夜桜。浅草からメイン会場に近い桜橋まで歩いて、隅田川の両岸の桜並木を見たり、屋形船、東京スカイツリーを桜越しに見ながら行って、もどってくるだけで約40分〜50分。川の水辺に映る夜桜とボンボリの灯りを楽しみ、江戸時代から続く隅田川墨堤の桜に思いを馳せてみるのもいい。東京の夜桜は交通の便が良く、様々な雰囲気での夜桜が楽しめ、全国的にも有数の夜桜が満喫できる場所でもある。

桜坂.jpg5-02.jpg4-04.jpg