重たげに房を垂れ下げ春風に揺れる花
紫色の群は、まさに日本古来の色合い

フジのページへようこそ

花言葉:あなたを歓迎します

fuji_016.jpg

 花時期は4月下旬から5月。本州、四国、九州の山野に野生している他、鑑賞用として庭、公園、社寺の境内によく栽培される。剪定や選枝もするが、通常は棚状につくり幹やツルを伸ばす。ツルは通常は右巻き。野生種は、他の木々に巻きついて上に伸びていったり、梢から梢に綱渡りし網状になる。小葉は5対から9対。はじめは多少毛があるが後に無毛になる。長い房状の総状花序は20センチから60センチの長さのものが多いが稀に1メートル以上になるものもある。花が紫色から、ムラサキグサという呼び名も持つ。昔はツルから繊維を、若葉や果実を食用に用いていたとか。日本の古典の中でフジの名は多数登場する。