ハスの名所へようこそ

涼しそうに水面を埋め尽くす群落美
緑の中に鮮やかな色合いを魅せる花

花言葉:清純な心・信仰




「茨城県」
古河総合公園.jpg
7月下旬~8月上旬。大賀ハスが3,000㎡の池に美しく咲き誇る

古河総合公園LinkIcon

「千葉県」
千葉公園.jpg
6月下旬~7月上旬。世界最古のハスの種である大賀ハスのルーツが知れる

千葉公園LinkIcon

「千葉県」
水郷佐原水生植物園.jpg
6月下旬~9月中旬。ハスでは300品種以上と品種数で日本一の規模を誇る

水郷佐原水生植物園LinkIcon

「埼玉県」
古代蓮の里.jpg
6月中旬〜8月中旬。行田市の天然記念物に指定され「行田蓮」と呼ばれている

古代蓮の里LinkIcon

「東京都」
不忍池のハス.jpg
7月下旬~8月上旬。江戸時代より浮世絵に描かれるほどのハスの名所

不忍池のハスLinkIcon

「東京都」
薬師池公園.jpg
7月中旬~8月中旬。園内の北端部にはハス田が設けられ、大賀ハスが咲き誇る

薬師池公園LinkIcon

「神奈川県」
三渓園.jpg
7月上旬~下旬。創設者が好んだ花がハス。開花時期に合わせ、早朝6時に開園。

三渓園LinkIcon

「岐阜県」
大賀ハス園.jpg
7月上旬〜下旬。古くからハスの生産地で、約5100平方メートルの広さのハス園

大賀ハス園LinkIcon

「兵庫県
平池公園.jpg
6月下旬〜8月中旬。約150種類の大賀ハス、舞妃蓮など珍しいハスを集めたハス公園

平池公園LinkIcon

図鑑のハス

 ハス(蓮)とスイレン(睡蓮)は涼しさを呼ぶ夏の水生植物の代表とされ名前も外見も似ているが属も亜科も違う植物。ちなみにスイレンの花は、ガク片4に花弁と雄しべは多数、雌しべは心皮が合成し放射状になっているが、ハスの花は大きな倒円錐形の花床に雄しべがいくつもある。しかし、日本ではヨーロッパでロータスと呼ばれるものを全てハスと呼び、熱帯性のスイレンにもハスにも縁のないヨーロッパの人が、エジプトのスイレンをロータス(ハス)としてしまったという。
 本来のハスは日本では歴史が古く、発掘された大賀ハスのタネで知られるように古代ハスは2000年前から栽培されていた。開花予想時期は品種により、八重のハスは7月中旬以降。和ハスは8月中旬。また根を食用にすることもできる。江戸時代に5月ともなれぱやわらかい蓮根が独得の歯ごたえと味覚で喜れた。 さらに、ハスの巻葉を小さく刻み、温かい御飯にまぜたうえ、大きな蓮の葉に盛って食べるのを「蓮飯」といい、その風流さが江戸っ子に喜ばれたという。 



D細字+影ブラシ.gif

hasu002.jpg