明治神宮(東京都・渋谷区)
(めいじじんぐう)

都心の真ん中にありながら森のように 静かな境内には、全国から献納された約 365種9万5000本余りの木がさら に繁殖し、うっそうと茂っているため、 夏でも涼しい気がする。そんな都会の森の小道を5分ほど歩くと菖蒲田へ。この菖蒲田にハナショウブが植えられたのは、明治30年、明治天皇が苑内の隔雲亭で静養されてる皇后のために、 全国各地からハナショウブの優良品種を集めて千数株植えたことにはじまる。今ではうっそうと茂った森の中に細長い菖蒲田が広がり、約150種、約1500株が咲き誇り、静かさもあってか都会とは思えないほどの情景を作りあげている。

●2016イベント情報:

●開花時期:6月上旬~下旬

●開花情報:LinkIcon花の名所案内開花状況

●住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

●HP:LinkIcon明治神宮HPへ

●地図:
LinkIcon「菖蒲田」の位置は明治神宮HPへ

●TEL:03・3379・5511(明治神宮社務所)

●料金:御苑維持協力金500円

●営業時間:
開苑時間(年中無休)
5月
午前9:00~午後4:30
6月
午前8:00~午後5:00(土・日は午後6:00まで)
5月:受付は北門のみ。 6月:東門は閉苑30分前に受付終了。

●アクセス:JR山手線「原宿駅」から徒歩2分

●車:首都高速4号新宿線「代々木IC」から約5分

●駐車場:無料駐車場あり

●車イス情報:障害者用トイレはあるが、ハナショウブを見る場所は傾斜が、きついので車椅子だと厳しいと思われる。

hanasyobu.jpg
meizinguu.jpg約150種、約1500株が咲き誇る

ページの先頭へ