ハナショウブのページへようこそ

花言葉:優雅・あなたを信じます

江戸時代から庶民に親しまれてきた
夏の香りを水辺に運ぶ紫の花々たち

sign.jpg

「山形県」
長井あやめ公園.jpg
6月上旬〜7月上旬には3.3haの園内に500種100万本が咲き誇る

長井あやめ公園LinkIcon

「茨城県」
水郷潮来あやめまつり.jpg
6月上旬~下旬には約500種類100万 株のハナショウブが楽しめる

水郷潮来あやめまつりLinkIcon

「千葉県」
水郷佐原水生植物.jpg
6月上旬~下旬には400品種 150万本のハナショウブが咲き誇る

水郷佐原水生植物園LinkIcon

「東京都」
堀切菖蒲園.jpg
6月上旬~下旬には約200種類、6000株のハナショウブが植えられている

堀切菖蒲園LinkIcon

「神奈川県」
伊勢原あやめの里.jpg
6月上旬~下旬には約200種類、2万株のハナショウブ田が広がる

伊勢原あやめの里LinkIcon

「神奈川県」
横須賀市立しょうぶ園.jpg
5月下旬~6月下旬には14万株が大小の田に分かれ植栽されている

横須賀市立しょうぶ園LinkIcon

「静岡県」
伊豆修善寺 虹の郷.jpg
6月上旬~下旬には300種7000株が日本庭園に咲き誇る

伊豆修善寺 虹の郷LinkIcon

「静岡県」
加茂花菖蒲園.jpg
5月下旬~6月中旬には1500種と100万株が咲く園内に咲く

加茂花菖蒲園LinkIcon

「愛知県」
八橋かきつばた園.jpg
4月下旬~5月下旬には約3万株が優雅に咲き誇り国内有数のカキツバタ園

八橋かきつばた園LinkIcon

「兵庫県」
播州山崎花菖蒲.jpg
6月上旬から下旬には約1,000品種、100万本が咲き誇り、規模としては国内有数

播州山崎花菖蒲園LinkIcon

「長崎県」
大村公園.jpg
5月下旬~6月中旬には171品種10万株、30万本が咲く

大村公園LinkIcon

「大分県」
神楽女湖菖蒲園.jpg
6月中旬~7月上旬には約80種1万5000株、約30万本が咲く

神楽女湖菖蒲園LinkIcon

アヤメ属の植物は、北半球に多く分布していると言われ、北緯20度〜60度あたりにかけて帯状に地球を取り巻いているとされ、約200種が確認され、ヨーロッパやアジア、アフリカ、北アメリカに多いとされている。花の構造に特徴があり、花被片が基部において相接し、花筒部を形成。さらに、子房の上端に接続。地中では、子房の上部に花筒部を形成せず、直接、花被片が子房に接着し開出することから、品種を見分けることは難しい。その中のハナショウブは日本独自の園芸植物のひとつされ、江戸時代、後期から品種改良を重ね、幕末には200種類にのぼる品種が作出されたという。江戸っ子に愛され、天保時代には現在の東京、葛飾区の堀切にはショウブ園が開園していたほど。その後、全国各地に広まりハナショウブ園が設けられ、変化にとんだ品種が生み出された。