コスモスの名所へようこそ

1.gif

抜けるような秋空の下に咲き誇り
初秋の風に、花を揺らして魅せる
花言葉:乙女のまごころ・少女の愛情・野生美

全国のお勧めのコスモスの名所

「北海道」
太陽の丘えんがる公園.jpg
8月下旬~10月上旬10ヘクタールの畑に1千万本のコスモスが咲き誇る

太陽の丘えんがる公園コスモス園LinkIcon

「山形県」
面白山高原コスモスベルグ.jpg
9月上旬~10月下旬約8種類約100万本のコスモスが咲く

面白山高原コスモスベルグLinkIcon

「埼玉県」
cos181016.jpg
10月上旬~下旬に荒川堤防沿い3.1kmに約800万本が咲き誇る。

荒川コスモス街道LinkIcon

「群馬県」
大岩フラワーガーデン.jpg
10月中旬から下旬100万本の美しいコスモス畑が見物

大岩フラワーガーデンLinkIcon

「東京都」
浜離宮恩賜庭園.JPG
8月下旬〜9月中旬10万本以上のキバナコスモスが 都会で美しく咲き誇る

浜離宮恩賜庭園LinkIcon

「東京都」
国営昭和記念公園.jpg
9月中旬~10月上旬「コスモスの丘」には400万本が広がり咲き誇る

国営昭和記念公園LinkIcon

「千葉県」
マザー牧場(.jpg
8月中旬~9月中旬約100万本のキバナコスモスは「花の大斜面・東」に咲く

マザー牧場LinkIcon

「神奈川県」
横須賀くりはま花の国.jpg
9月下旬~10月上旬秋には100万本のコスモスが咲く

横須賀くりはま花の国LinkIcon

「山梨県」
花の都公園.jpeg
9月中旬~10月上旬約200万本のキバナコスモスが植えられている

花の都公園LinkIcon

「長野県」
黒姫高原コスモス園.jpg
7月中旬〜10月上旬色のコスモスなど50品種100万本咲き乱れる

黒姫高原コスモス園LinkIcon

「長野県」
内山牧場大コスモス園.jpg
9月中旬~10月下旬10万株コスモス畑は永遠と続き、空が低く見えるほど

内山牧場大コスモス園LinkIcon

「京都府」
丹波/亀岡「夢コスモス園」.jpg
9月中旬~10月下旬20品種800万本のコスモスが咲き誇る

夢コスモス園LinkIcon

「兵庫県」
あわじ花さじき.jpg
10月上旬~11月上旬 海を望む起伏に富んだ園内に約100万本本も広がる

あわじ花さじきLinkIcon

「愛媛県」
翠波高原.jpg
8月中旬~9月上旬 2ヘクタールに20万本のコスモスが咲き誇る

翠波高原LinkIcon

「福岡県」
のこのしまアイランドパーク.jpg
10月上旬〜11上旬 秋には50万本が咲き誇る

のこのしまアイランドパークLinkIcon

「生駒高原」
生駒高原.jpg
9月下旬~10月中旬7種類100万本が広大な高原を埋め尽くす

生駒高原LinkIcon

メキシコ原産のこの植物は、1791年にスペインのカバニエス神父が命名したと言う。属名のCosmosは、ギリシャ語のKosmoに由来するもので、秩序、飾り、光栄、宇宙の意味がある。日本には幕末に種が入ったが、明治時代にイタリアから音楽教師か種を持ちかったことが園芸的な広がりになったとされている。また、漢字では秋桜と書くのは、秋の咲く桜のような花という意味からで花時期は通常は秋。切り花では早生の品種を使い近年では、春から店先に出回るようにもなった。花は通常は白、ピンク、紅の三色で一重咲きだが、最近は八重や白地に紅の複輪のものや改良品種として黄色かかったものも出てきた。黄色のコスモスは「イエローガーデン」と呼ばれ日本で改良されたもの。また、キバナコスモスは赤みがかった黄色のだいたい色の花。