港の見える丘公園
(神奈川県・横浜市)

(みなとのみえるおかこうえん)

の見える丘は、イギリス軍やフランス軍が駐屯していた横浜開港当時からの由緒ある場所に設けられた公園で、近くには外人墓地がひっそりとたたずむ。接収解除後、地元の要望により公園として用地の取得が行われ、昭和36年から整備に入り、昭和37年5月に開園 。そして平成3年5月には市の花バラの制定記念としてバラ園が誕生。その時初めて日本に紹介されたホワイトデライトなど約110種1300株のバラが、横浜市イギリス館(西洋館)を背景に広がる園内のローズガーデンを中心に、花の季節に多くの人々を楽しませています。山下公園にもバラが見られるが、量的には半分ほどで、そのぶん品種が多いのが特徴。

0001.jpg

●2016イベント情報;

●開花時期:5月中旬~6月中旬/10月中旬~11月中旬

●開花状況:LinkIcon花の名所開花情報

●住所:神奈川県横浜市中区山手町114

●宿情報: 港の見える丘公園周辺の宿へ

●HP:LinkIcon横浜市環境創造局

●地図:

●TEL:045・671・3648(南部公園緑地事務所)

●料金:無料

●営業時間:随時

●アクセス:JR根岸線「石川町駅」から徒歩15分
みなとみらい線「元町中華街駅」から徒歩7分

●車:神奈川3号線狩場線「山下ランプ」から約5分

●駐車場:道路を隔てて有料駐車場あり。平日30分200円、土日祝は1時間500円

●車イス情報:障害者用トイレあり、人気の展望台にもスロープあり。

03-1.jpg
minato.gif約80種1800株のバラが咲くkouen040.jpg平成3年5月には市の花バラの制定記念としてバラ園が誕生9859006.jpg


ページの先頭へ