アジサイのページへようこそ

花言葉:あなたは冷たい人、移り気、不精

梅雨の時期に色豊かな群落を魅せ
てまりのような花姿に風情が漂う


全国のおススメスポットのアジサイ名所

「岩手県」
みちのくアジサイ.jpg
6月下旬〜7月下旬に約250種2万5千株のあじさいが咲き誇る。

みちのくあじさい園LinkIcon

「栃木県」
大平山.jpg
6月上旬~6月下旬に約2500株のアジサイが咲き誇る。

大平山LinkIcon

「千葉県」
3120556.jpg
6月中旬~7月上旬に3万株の多彩なアジサイが40種近く楽しめる

本土寺LinkIcon

「千葉県」
麻面原公園.jpg
7月中旬から8月上旬に約20万本のアジサイで埋めつくされる

麻綿原高原LinkIcon

「東京都」
高幡.jpg
6月上旬~7月上旬に7500株にのぼる多彩なアジサイが境内中に乱れ咲く

高幡不動尊LinkIcon

「東京都」
白山神社.jpg
6月上旬~6月下旬約3000株のアジサイが多彩な色を見せ合う

白山神社LinkIcon

「神奈川県」
p1020116.jpg
6月上旬~6月下旬は鎌倉のあじさい寺が人気

鎌倉のあじさい寺LinkIcon

「神奈川県」
相模原北公園.jpg
6月から7月にかけて200種、1万株が咲き誇る

相模原北公園LinkIcon

「神奈川県」
箱根登山.jpg
6月中旬~7月下旬にかけて約1万株のアジサイが沿線を鮮やかに咲き誇る

箱根登山鉄道LinkIcon

「神奈川県」
開成町.jpg
6月上旬~6月下旬には水田の緑と5000株の アジサイが楽しめる

開成町あじさいの里LinkIcon

「静岡県」
下田公園.jpg
6月上旬~7月上旬には公園内は15万株300万輪に及ぶという

下田公園LinkIcon

「愛知県」
本光寺1.jpg
6月上旬~7月上旬には1万坪の境内に15種類、約1万本のあじさいが咲く

本光寺LinkIcon

「奈良県」
矢田寺.jpg
6月上旬~7月上旬には60種類、8000株が見事に色合いを見せる

矢田寺LinkIcon

「京都府」
三室戸寺.jpg
6月中旬~7月上旬には30種類、1万株のアジサイが彩る

三室戸寺LinkIcon

「大阪府」
大阪府民の森.jpg
6月中旬~7月上旬には約2万5千株ものアジサイが見られる

大阪府民の森・ぬかた園地LinkIcon

「兵庫県」
神戸市立森林植物園.jpg
6月下旬から7月下旬には20種類以上、約5万株のアジサイを栽培

神戸市立森林植物園LinkIcon

 梅雨の間をなごませてくれるのがアジサイ。日本原産の植物で色も白から始まって青、紫、淡紅と色合いを変える。そのことから昔は「七変化」とか「八仙花」と呼んでいた。関東地方や伊豆地方の海岸に多く見られる野生種のガクアジサイが多い。庭先になどに多く植えられて人気を集めているのは、ハイドランジャと呼ばれるもので欧州で改良された逆輸入花。また、アジサイの花は土壌の性質に関係があり、土壌が酸性の場合は、土中に溶出したアルミニウムを吸収し花色は青になる。また、反対に土壌がアルカリ性の場合はピンクの花になるとされているが、その他にも土中成分の窒素やリン酸、カリウムの含量や窒素の影響も受ける。また、ひとくちにアジサイと言っても北海道と本州の日本海側で見られるエゾアジサイの花時期は7月。本州や四国の沢の茂みに自生するヤマアジサイの花時期は6月中旬と花時期は品種により異なる。一般の開花時期は5月頃からで花色も豊富なので花壇などでも利用される。